沖縄テレビには、報道・制作といった番組を作り出す部署以外に、放送を支えるたくさんの部署、部門があります。
どういう部署があり、OTVの社員がどのように働いているのか、皆さんに知ってもらうために、各部署のお仕事をご紹介いたします。

島袋綾菜(2012年入社)

報道記者です。心温まるような小さな出来事から、時には人の生から死まで365日全く違った出来事、人々に巡りあいます。 まだまだ駆け出したばかりですが、最近は事件・事故や災害などを担当として動き回っています。

経験に関係なく同じ仕事をさせてもらえること。 1年目の新人でも、ベテラン記者でも、もちろん知識や腕前は違いますが、同じような機会がもらえます。


好奇心旺盛、人が好きな人

とにかく頼りになる先輩に囲まれていること! 入社前は、社会人としてやっていけるのか、テレビ局の仕事って何だろう…と、人一倍不安を抱えていました。 しかし入社するとすぐに、仕事はまさに「チーム」でするものだと実感できました。悩んだ時は、「こうすればもっと分かりやすく伝わるのでは!」、「こう撮影しよう!」、一つのニュースを全員でつくるという雰囲気がとても素敵ですよ。

就職活動中は、心が折れそうになることもあるかと思いますが、社会人としてバリバリ働いている自分の姿を想像して頑張ってください!